離婚の手順が違う協議離婚と調停離婚の違いについて

協議離婚と調停離婚
日本では離婚を進める方法と4つの方法があります。協議離婚と呼ばれる夫婦で話し合いをして、お互いに合意の上で離婚をする方法、調停離婚は、協議離婚での話し合いが上手くいかず、夫婦の間に裁判所で調停員に間に入ってもらい離婚の調停をおこなうというもの、そして審判離婚と、裁判離婚の計4つがあります。

今回、この離婚の方法のなかで、協議離婚と調停離婚にスポットを当てたいと思います。

協議離婚は、日本の離婚をする夫婦の実に半数以上が取る離婚の方法であり、夫婦で離婚に合意して、離婚届にサインをして、所定の場所へ提出すれば離婚が成立します。
この場合、離婚後の対応を全て自分で把握しておく必要があり、財産分与や子供の親権、または保険の名義変更などを行う必要があります。

調停離婚の場合には、協議離婚より行う夫婦は少ないのですが、2番目に多い離婚の方法です。
調停員に夫婦の話し合いの間に入ってもらうことが出来るので、離婚についての条件の話し合いがスムーズに進めることが出来、離婚条件の確認も調停員が見ているので正当な判断を期待できます。

どちらの方法ととって離婚をするのかは、離婚をする直前に判断する場合もありますし、協議離婚をおこなっていて、話がこじれてしまい収集がつかなくなってしまったときにも有効な方法として、調停離婚に変更するといったやり方もあります。




失敗しない離婚の仕方マニュアルAll Rights Reserved.