離婚で失敗しないためのマニュアルです。

慰謝料と財産分与

意外と勘違いしている人のいる、離婚の慰謝料。
離婚する時に、誰もが請求できるわけではありません。

慰謝料の発生するような離婚事由があった時にのみ、慰謝料を請求することができます。
例えば、義理の両親との折り合いが悪く離婚するとしても、義理の両親だけに、責任があるとは断定できないので、慰謝料を請求することは難しいようです。しかし、パートナーの浮気やDVなど、精神的、肉体的な苦痛を受けた事が理由になり、離婚にいたる場合は責任の所在がはっきりしているので、慰謝料の請求をすることができます。
対して財産分与とは、結婚し生計を一緒にしている時にできた財産の分割を意味します。この財産分与の中に、離婚の慰謝料を合算され、支払われることがあるため、どんな離婚でも慰謝料が支払われると勘違いしてしまう人がいるようです。

浮気や暴力による慰謝料請求を考えているのなら、まずは証拠を集めておくことが大切です。




失敗しない離婚の仕方マニュアルAll Rights Reserved.